離婚したいけど子供のことを考えると離婚すべきか我慢すべきか悩む・・・

離婚すべきか?我慢すべきか?

あなたがすでに子供がいるのなら、離婚を考えた時に、最初に思いとどまる理由となるのが子供の存在でしょう。

「自分のことだけじゃなくて、子どものことも考えてから離婚をすべき」。

これは自分でもよく分かっていることだし、周囲の人に相談しても何度も言われることだと思います。

あなたが子供に、

「お父さんとお母さんは別々に暮らそうと思っているの。あなたはお父さんとお母さんが別々になったらどう思う?」

などと尋ねても、子どもは親を傷つけないように本当のことを言わないことも多いです。

悲しい思いや葛藤が、親には言わなくても子どもには存在するのです。

親は「自分の幸せ」と言って離婚するけど、多くの場合、それは子どもにとっての幸せではない場合が多いのです。むしろ、子どもにとっては不幸なことの方が多いかもしれません。

しかし、子供のことを考えて、なんとか離婚せずに暮らしていても、それが子供と自分が生活していく上で、穏やかな安定した生活ができないことにつながる場合もあります。時には、安全が脅かされることもあるでしょう。

つまり、離婚せずに我慢したことが、あなたと子供の両方にとって不幸につながる場合もあるということです。

だから、離婚が子どものためにはならないとは一概には言えないのも事実です。

「子どものことを考えると離婚できない」という風に追い込まれて、悪い状態をずーと続けることも考え物なのです。その悪い状態が子供の将来のために悪影響を及ぼすなら。

状況によっては、夫と一緒にいることで最悪のケースになっていくこともあるからです。しかも、この状況は子どもからすると分からないことなので、あなたが決めるしかありません。

普通なら、子どもは父親と母親のことを両方好きなはずです。

しかし、父親と母親が憎み合っているなら、その家庭は幸せにはいかないでしょう。

その憎み合った状態が解消できないのなら、離婚が子供のためになることもあり得ます。

結局、離婚が子供のために良いか悪いかは、現状では分からず、数年後にどうなっているかが全てなのかもしれません。

数年後、そして、子供が成人になった時に、あなたと子供が幸せなら、結果的に離婚は正解だったということになりますから。

離婚を決断する前に確認しておきたい9つのチェックポイント

離婚前の9つのチェックポイント

夫との離婚を考えている女性が、離婚を決断する前に確認しておきたいのは、以下の9つのチェックポイントです。

  1. 暴力をふるう
  2. 暴言をはく
  3. 働かない
  4. 生活費を入れない
  5. 借金を作る
  6. 大酒を飲む
  7. 浮気癖がある
  8. 子育てに協力しない
  9. 家事を手伝わない

一般的には、特に1〜5が離婚に結びつく大きな原因になります。

当然ですが、この項目に関係なく、「自分が夫を愛しているのか、もう好きじゃない」ということも大切です。

もし、夫のことを愛しているのなら、あなたが夫を更正することも選択肢の1つになります。

また、なるべく1人で思い悩むのではなく、信頼のおける人に相談して、その人の客観的な意見も参考にするようにしましょう。

離婚家庭の半分しか、子どもの養育費が支払われていないという現実に続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加

婚姻件数と離婚件数、離婚率のデータを掲載したグラフ・表 »