離婚家庭の半分しか、子どもの養育費が支払われていないという現実

養育費が約束より少ない・・・

最初のうちはちゃんと養育費を支払ってくれていたのに、急に支払ってくれなくなった・・・。

毎月の約束が隔月になっている・・・。

現在、子供の養育費が約束通り支払われているのは、離婚した家庭の半分ほどと言われています。

子どもにとっては、養育費が支払われないということは、単にお金が支払われていないことだけではありません。

養育費は、遠く離れたお父さんが自分のことを忘れないでいてくれているかどうかを考える場にもなるのです。

養育費は満額じゃなくても、定期的に送ることによって「忘れてないよ!」というメッセージにもなります。

もし、別れた夫から養育費がもらえない場合は、夫が働いていれば、家庭裁判所に行って法的手続きで請求することができます。

その際、事前に公正証書を作っておくことを忘れないで下さい。

公正証書があれば、別れた夫が仕事をしていれば、会社の給料を全て差し止めることができます。

夫婦間で話し合って離婚を決める協議離婚の場合、口約束になってしまうことが多いですが、公正証書を作っておけば、法的な執行力があります。

家庭裁判所に出さなくても、話がついたら、必ず公正証書として文書にするようにしましょう。

離婚夫婦のうち7割は養育費がちゃんと支払われていない

養育費の7割はちゃんと支払われていない!

夫の落ち度が原因で離婚することになり、慰謝料・養育費を請求し、それを公正証書に残したとしても、実際のところ7割は支払わないのが現実なんだそうです。。

弁護士を通して元夫に支払うように請求したとしても、相手に借金などがある場合は、「最低限の生活を守る権利がある」という理由で断念しなくてならないそうです。

ですから、公正証書に残しても安心してはいけませんね。

むしろ、養育費はボーナスくらいに考えて、離婚後は女性も自分で十分な生活費を稼げることが重要だと思います。

チャットレディなら子供が小さくて自宅から出られなくても、自宅で好きな時に仕事をすることができます。簡単ではないですが、工夫次第ではかなりの高額時給になりますからね。

離婚したいけどお金がない、旦那と早く離婚したいので高額バイト始めるに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加

婚姻件数と離婚件数、離婚率のデータを掲載したグラフ・表 »